MENU

保健師の活躍できる場所はたくさんある

東京には保健師が活躍する場所がたくさんあります。企業で活躍する産業保健師以外にも学校で働く保健師や、保健所など地域の健康や公衆衛生のために働く場所もあります。産業保健師の求人は看護師転職支援サービスに豊富ですが、保健所の求人などは市や町の役所に問い合わせをしてみましょう。保健師といっても求められているスキルも違いますし、あなた自身のキャリアアップの面から考えてもさまざまな道があることが分かります。

 

産業保健師としての3つの働き方

産業保健師と言ってもその活躍の幅は年々広がっています。企業看護師とも言われる産業保健師ですが、企業看護師というと思い浮かべるのが企業内に設置された医務室で働くナースではないでしょうか?

企業医務室勤務の看護師

もちろんこれも産業保健師の活躍する1つの形です。残業がほとんど無く雇用も安定しているため任期の職場の一つです。ただし年収はそれほど高くない場合が多いようです。

 

治験に携わるお仕事

2つ目は今競争が激化している製薬の分野で活躍するお仕事。治験モニタリング担当者や治験コーディネーターと呼ばれる仕事が一般的です。これらの仕事では製薬会社と治験会社、さらに病院の間に立って、治験が計画通り進むようにモニタリングをしたり調整をしたりと、看護師の専門知識を生かしながら最先端の民間企業で働ける点が人気です。また競争が激しい分野のため採用意欲も活発です。

 

医療機器メーカーで活躍するお仕事

3つ目は医療機器メーカーで自社の機器をデモンストレーションしたり、営業マンと同行してクライアント(病院)に提案をするお仕事です。営業マンではまかないきれない高度な医療知識を駆使してクライアントに自社商品を説明したり、クライアントの内部で使用する資料の作成を手伝ったりすることも大事な職務になります。また外資系企業が多いため、英語力が必要とされる場合が多いのも特徴です。