MENU

まずは転職動機・希望条件を明確に

当たり前のことですが、転職を成功させるためにもっとも大切な事は自らの動機を固め希望する条件をはっきりとさせることです。ここが固まっていないと転職活動の途中で気持ちが切れてしまったり、中途半端な決断をしてしまうことにもなりかねません。今の仕事の何が不満で、つきの職場には何を求めるのか?優先順位が高い条件はどれで、譲っても良いのは何か?などしっかりと整理しておくと良いでしょう。

 

求人を探すことが最も大切でもっとも大変

産業保健師として活躍したいと考えているのであれば、転職活動において最も大変なのは求人が見つかるかどうか?になります。保健師の求人を1件でも多く探したいならば、転職支援サービスに複数登録をして、できる限り情報に漏れが無い様に準備しておきましょう。また卒業した学校の恩師に相談するなども思いがけない話がいただける可能性がありますので、積極的に行なっておきましょう。

 

理想の転職支援サービスの活用は2社〜3社

実際に看護師転職支援サービスを利用する場合、何社を利用すれば良いのか?という質問が良くあります。答えはありませんのでその人の好み次第になりますが、当サイトが導き出す答えは『3社』になります。1社だけでは必要としている情報を取りこぼす恐れがありますしかといって4社以上になると、担当者とのやり取りも増えすぎてかえって転職活動を妨げかねません。当サイトのランキングなどを参考に気になるサービスを2つ、ないしは3つほど会員登録してみることで、どの程度の保健師求人情報が市場に出回っているかなどを確認し、転職活動をスタートすることが一番理にかなっているといえるでしょう。