MENU

転職支援サービスとは?

保健師(看護師)転職支援サービスとは看護師の転職を支援することで転職先の病院や企業から手数料を得ることで成り立っているサービスのことで、現在国内に数十社の運営企業があります。中でも大きなシェアを占めているのが上場企業や人材大手が運営する看護師転職支援サイトです。これらのサービスで看護師は一切費用を負担することなく、希望する職場の求人探しから転職までのあらゆる面で、サービスを受けることができるのです。今や転職する看護師のうち2割〜3割は転職サイトを活用している、と言われるほど看護師の転職シーンに欠かせない存在となってきました。

 

転職支援サービスの歴史

看護師の転職支援サービスが本格的にスタートしたのは2007年ごろに、エスエムエス鰍ェ現ナース人材バンクをスタートさせたことがきっかけといわれています。その後2009年には大手のマイナビ、リクルート、ディップも続々と看護師転職サイト市場に参入を果たしました。2011年にはナースではたらこ(ディップ)がテレビCMを開始したのに続きリクルートも(ナースフル)のCMを開始するなど、メディアへの登場機会が増えたことで一気にサービスの認知度が高まりました。現在も市場は拡大を続け、新規参入も続いている競争の激しい業界とも言え、その分看護師は高品質のサービスを無料で受けられる状態ですので、活用しない手は無いでしょう。